親友・明美は風俗嬢

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

中学、高校と一番仲良しだった明美が、家庭の事情で千葉に引っ越したのは3年前。 その後も、不定期に連絡は取り合っていましたが、ここ半年ほど音信普通になっていました。

2年ほど前、メールで会話をしていたときは、 「フラワーアレンジメントの勉強をしている」と言っていた明美。 将来はお花屋さんを開業したいと話していました。

もしかして、本当にお花屋さんをオープンさせて忙しくしているのかもしれない。 私はそんな期待もありました。 しかし、携帯番号は変わっており、メアドも変更されているようでした。

そうだ、明美が引っ越すときに教えてくれた自宅の住所がわかる! 私は明美に手紙を書いてみることにしたのです。 それから1週間ほど過ぎた早朝、知らない番号から電話がかかってきました。 「私!明美だよ!ごめんねぇ・・・連絡できなくて」 私は出勤直前だったこともあり、一旦電話を切ろうと思い、 「私、今からお仕事なの・・・明美もお仕事でしょ?」と言うと、明美は「私は仕事が終わって帰ってきたところ」と言いました。 朝方に帰ってくる仕事・・・?花屋さんじゃないな。

「実は私、千葉のデリヘルで働いてるんだ・・・お金を貯めるため」 私は一瞬耳を疑いました。

明美は、夢であるお花屋さんの開業資金を貯めるため、今は千葉にある風俗店のデリヘルで仕事をしているとのことでした。

でも応援してる!